MAX塗りって何だ?「高機動型ザクII」黒立ち上げで作ってみる

MAX塗りって何だ?「高機動型ザクII」黒立ち上げで作ってみる

今回は、HG 高機動型ザクIIオルテガ専用機をエアブラシにて「黒立ち上げ」と言う手法で塗装してみます。Max塗りとも言われている手法です。

 

黒立ち上げ塗装とは?

まずは本体の全部を黒色で塗装します。その後エッジの部分のみを残して、本体色を塗装します。これにより、エッジ部分の陰影を表現する方法です。
こういった方法ですので、エアブラシは必須となります。

完成後の状態としては、パステルシャドウと同じ感じになります。
ウェザリングと表現方法って色々とありますね。どれを使えば良いのか、それこそ正解なんて無いんですが、それぞれいろんな表現が行えます。
また、黒立ち上げはウェザリングではなく、描画手法に近いですね。

さて、黒立ち上げ。今更ですが、使っていない手法でした。新しい手法も試してみようと言う事で、今回はトライしてみます。

 

黒立ち上げ塗装の方法

私は通常塗装でのエア圧は、0.08~0.1MPaで行っています。今回の塗装方法では、薄めた塗料を超低圧で吹き付けますのでエア圧を0.03~0.05MPa程度で行います。薄い塗装皮膜を重ねる感じです。

黒サフはこちらを使用します。ガイアノーツのサーフェイサーエヴォブラック。何がエヴォなんだろう?

 

まずは黒サフを塗装します。普通はこの後に黒とか濃グレーを塗装しますが、面倒臭いのでこのままいっちゃいます。

 

サフの乾燥後、各色を塗装します。各パーツ単位に塗装をしますが、黒の部分をグラデで綺麗に残す必要があります。グラデが連続するパーツは仮組みを行います。その際に困るのが肘の部分。ここは色が違うベースパーツに取り付ける必要があり、仮組みが行えません。こんな時はブルタックの出番。ブルタックを棒状にして、そこにパーツを貼り付けてから塗装します。

ブルタックは迷彩塗装のマスキングにも便利です。1つあれば重宝します。

ケンプファー「エアブラシで迷彩塗装」

 

塗装はパーツの中央から周辺に向けて塗装します。ついいつもの癖で橋から塗ってしまいますが、これを行うとエッジの影がきえてしまいます。そりゃ当然です。注意です。

 

塗料の薄め加減ですが、通常の倍位に薄めて行いました。エアブラシのエアーに負けて塗料が逃げてしまうのは薄すぎ。このギリギリの部分で薄めてください。感想ですが、黒立ち上げのコツって、この塗料の加減ですね。知らんけど。

パーツの中央部分から塗装していきますので、ボタンを押して安定した吹き出しをしてくれるブラシが必須になります。

濃く塗装したい部分を最初に塗る。影として残したい黒部分を後に塗る。これを行う事で、濃淡ができます。最後にシュッと全体を塗装すればバランスが取れます。

紺色部分は、もう少しメリハリのある色にすればよかったですね。こりゃ、分かりにくいや。

 

黒立ち上げ高機動型ザクIIの完成

 

今回、お勧めする商品はこちら

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MS-06R-1A 高機動型ザクII

 

長光 Bostik 粘着ラバー ブル・タック

 

ガンプラカテゴリの最新記事

Close Bitnami banner
Bitnami