エアブラシには必須「エアテックス・レッドサイクロン」

エアブラシには必須「エアテックス・レッドサイクロン」

プラモデルを作っていると塗装ブースが欲しくなりますよね。しかし、大きな物ですから置き場所に悩みます。私が購入したのは、エアテックス・レッドサイクロン。折りたたみが可能なので、使わない時には収納しておけるメリットがあります。

 

エアブラシに必須、塗装ブース

エアブラシは極小塗料の粒子をプラモデルに吹き付けます。ですので、塗料が部屋中に舞ってしまいます。これを吸い込んで外へ排気するのが塗装ブースです。
実際、塗装ブースなしでエアブラシを使用すると、机回りが飛び散った塗料でえらいことになります。必須ですね。

 

 

レッドサイクロンの特徴

私が使用している塗装ブースは、エアテックス スプレーブース レッドサイクロン Lです。この塗装ブースの特徴は以下の通り。

  • ブースにLEDが付いている
  • 畳んで治せるのはいい。そこそこ小さくなり収納ができる
  • 結構うるさい。掃除機位の音量。
  • 組み立てるのが面倒。エアブラシが簡単に使えるのに、ブースの組み立てで時間がかかる
  • 本体後ろのダクトが大きい。奥行き80cmもあるので、作業台に広さが必要。

使ってみて感動!ブースに付いているLEDはとても便利です。ブースの中まで照らしてくれるので、はっきりと塗った面が見ることができます。もう、これ無しではもう有り得ません。

 

レッドサイクロンの改造

エアブラシと塗装ブース。一度使うと辞められません。となると、いちいち塗装ブースを畳んで収納するのも面倒になってきました。ですが、このレッドサイクロン、排気ダクトを装着すると、奥行きが80cmにもなり、かなりの場所をとります。と言う事なので、この排気ダクトを改造する事にしました。

 

付け替えるのは、因幡電工 SDウォールコーナー・エアコンキャップ用です。これを付属のダクトと交換します。すこし寸法が合わない部分があるのですが、ここは排気ダクト用テープを張り付けて隙間を埋めます。
これで、奥行きが50cmになり、常設する事ができました。

 

 

必須の塗装用マスク

エアブラシを使用すると、微細となった塗料が部屋中を舞います。ブースを使用してもこれは人体に防ぐことは出来ませんので、必ず塗装用マスクを装着してください。筆塗りの場合は大丈夫だったのですが、エアブラシを使用するとアトピーが出てしまいました。私はTRUSCO(トラスコ) 塗装マスクを使っていますが、3M製で安い商品が出ていますね。マスクを使用してからはアトピーは出ていません。


3M 防毒マスク 塗装作業用マスクセット


TRUSCO(トラスコ) 塗装マスク DPM-77TM

 

今回、使用した商品はこちら

 

エアブラシのレビューはこちら

ガンプラお勧めのエアブラシ「高儀 EARTH MAN ミニホビーコンプレッサー」

エアブラシの比較「クレオス Mr.リニアコンプレッサー」

プラモデル作成、エアブラシで塗装のコツ

プラモデル用工具カテゴリの最新記事

Close Bitnami banner
Bitnami